とう粋庵

とう粋庵

水戸偕楽園の懐に抱かれ、四季を彩る千波湖畔、落ち着いた雰囲気の中で和食懐石を存分に楽しむ。古民家の梁や土壁、自然石を配したネオクラシカルな庵。それがとう粋庵です。偕楽園、弘道館…水戸の歴史探索の折にお立ち寄りください。

電話番号

お問い合わせはこちら

周辺観光 千波湖のほとり、日々の喧噪を離れて豊かな自然に憩う

偕楽園と千波湖

偕楽園の夕暮れ

3000本の梅が咲き誇る―偕楽園

偕楽園は日本三庭園の一つ(他は、金沢の兼六園、岡山の後楽園)。
千波湖を望む景勝地に造られ、敷地の東側を梅林、西に竹林と杉林、それらを望む位置に藩主の休息所である好文亭が建てられました。
好文亭三階の楽寿楼から見える千波湖の眺めは、水戸八景の「僊湖暮雪」と呼ばれる絶景。
梅林は、飢饉と軍備に役立てようと植えられたもので、当時はなんと1万本と、今の3倍の規模で植えられていたそうです。
見ごろは2月中旬から3月末まで。早春の梅にはじまり、春の桜、初夏のツツジやアジサイ、秋には萩やコスモス、冬は二季桜と、一年を通じて四季折々の美しい花々が目を愉しませてくれます。

市民の憩いのオアシス―千波湖

周囲が3.1kmある千波湖(せんばこ)。偕楽園からも橋でつながっていて、観梅シーズンは多くの観光客が訪れます。湖の周り、千波公園には1000本もの桜が植えられていて、見ごろの時期にはライトアップされた夜桜も楽しめます。
白鳥の飛来スポットとしても知られていて、冬には純白の羽を広げる白鳥たちの姿を観ることができます。貸しボートやレンタサイクルもあり、休日ともなれば黄門像脇の遊具広場や少年の森のアスレチックで遊ぶ多くの子どもたちでにぎわいます。

千波湖の風景

常盤神社

常盤神社

偕楽園に隣接する常磐神社は、水戸藩を代表する2代藩主徳川光圀公・9代藩主徳川斉昭公を御祭神として祀る神社です。 境内には東湖神社、三木神社、常盤稲荷神社などの徳川家ゆかりの神社もあります。また境内施設として、大日本史や光圀公、斉昭公にまつわる品々、陣太鼓などが展示されている義烈館、能舞台なども見ることができます。

桜山ともみじ谷

偕楽園の桜の名所―もみじ谷

桜山は天保12年(1841年)に、徳川斉昭が整備した偕楽園の一部として造成され「白雲岡」と呼ばれていました。今でも数百本の桜があり、茨城百景に選出される程の桜の名所として知られています。桜山と呼ばれるだけあって、毎年4月の上旬頃に次々と咲き競うサクラが充実の見頃を迎えると、山のすべてが桜で覆われます。

秋にはぜひ訪れたい―もみじ谷

桜山の南側、8,000メートルの敷地内にもみじや楓が約170本植えられていて、秋には一斉に美しい紅葉を迎え、訪れる人々の目を楽しませてくれます。夜間にはライトアップされ、幻想的な雰囲気が広がります。

桜山の桜

徳川ミュージアム

初代藩主頼房公に譲られた徳川家康公の遺品(駿府御分物)を中心に、水戸徳川家代々の遺愛品約3万点と、光圀公が『大日本史』編さんのため諸国より集めた史局「彰考館」の文書約3万点を擁する、大変貴重な博物館です。
徳川ミュージアムの収蔵品は、いわゆる「大名道具」として優れているばかりではなく、歴史的にも芸術的にも非常に高い価値を有し、我が国の豊かな文化性を伺わせる文化財です。また、水戸家伝来品として一揃いとなって水戸の地に存続し続けるところに最大の意義があります。 各地に数多くの博物館、美術館がありますが、「大名家」特に「水戸徳川家」のまとまった史料がみられる唯一の博物館です。

徳川ミュージアム外観

その他の観光スポット

近代美術館

近代美術館

偕楽園から続く緑豊かな千波湖畔に位置する近代美術館。美術館の建物は、緑青色の屋根と、花崗岩の茶色い壁が目印で、吉村順三氏の設計によるものです。ロダン作「三つの影」・横山大観作品の「流燈」など、多数の国内外の所蔵品が鑑賞できます。

水戸市立美術館

水戸市立美術館

音楽、演劇、美術の各分野にわたる水戸の芸術活動の本拠地として設計・建設され、市制100周年を記念して開館しました。目印は、高さ100メートルのらせん形のチタンで作られた「シンボルタワー」。タワー内からは水戸市内を一望する眺めが楽しめます。

弘道館

弘道館

水戸藩の藩校として第9代藩主徳川斉昭公により天保12年(1841年)に創設されました。第15代将軍となった徳川慶喜公も5歳のときからここで英才教育を受けています。敷地には、梅が60種800本が植えられており、梅の名所ともなっています。

ご予約・お問い合わせ

ページの一番上へ