とう粋庵

とう粋庵

水戸偕楽園の懐に抱かれ、四季を彩る千波湖畔、落ち着いた雰囲気の中で和食懐石を存分に楽しむ。古民家の梁や土壁、自然石を配したネオクラシカルな庵。それがとう粋庵です。偕楽園、弘道館…水戸の歴史探索の折にお立ち寄りください。

電話番号

お問い合わせはこちら

モダン懐石 伝統の良さを生かしつつ現代風にアレンジ。とう粋庵のモダンなセンスが光る、新しい和食懐石

旬のこだわり新鮮素材

旬の素材を余すところなく―

自然に恵まれ、農業生産量でも全国第2位を誇る茨城県。 茨城の新鮮な地元産食材の美味しさを最大限に引きだしたお料理で、季節の彩りと素材の味わいを存分にご堪能ください。

旬のこだわり素材のページへ

モダン懐石とは

素材にこだわり、味にこだわり、スタイルにはとらわれない…そこには「うまいもの」がある。

美味しいだけでなく、身体にも優しい懐石料理。とう粋庵のお料理は、昔ながらの懐石の良さを生かしつつ、現代の新しい美味しさや調理技法も取り入れたモダン懐石です。 懐石料理は、本来は形でなく心でもてなす思いやりの料理です。温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちにお出しする懐石料理の心意気を今に伝えられるよう、まごころ込めておもてなしさせていただきます。どうぞごゆっくりお楽しみください。

とう粋庵代表取締役 上田 豊人

モダン懐石 お料理の一例

モダン懐石ラインナップ

西欧最先端のエスプリをゆくフランスと東洋の神秘の国日本。150年前に出会ったその時から二つの国には、常に「興味」と「憧れ」が交錯していました。今日もまた注がれる「あの国」への眼差しが、明日の文化を生み出します。
とう粋庵料理長 梶山健一が、フランス的精神でモダン会席(現代版和食懐石)をつくり上げました。

モダン懐石イメージ写真 内容は季節により異なります

美しいテリーヌとメインを楽しむコース
偕楽 -かいらく-

  • ■前菜
  • ■刺身
  • ■焼物又は煮物
  • ■揚物
  • ■主菜(季節により変わります)
  • ■食事
  • ■甘味

4,000円(税別)/お1人様

彩りの美しさと魚の美味しさが際立つコース
紅梅 -こうばい-

  • ■先付
  • ■前菜
  • ■椀物
  • ■刺身
  • ■焼物
  • ■揚物
  • ■主菜(常陸牛陶板焼き)
  • ■食事
  • ■甘味
  • ■飲物

5,000円(税別)/お1人様

美味しい魚と常陸牛を満喫するコース
桜山 -さくらやま-

  • ■先付
  • ■前菜
  • ■椀物
  • ■刺身
  • ■煮物又は蒸物
  • ■魚料理
  • ■常陸牛ステーキ
  • ■にぎり寿司
  • ■甘味
  • ■飲物

7,000円(税別)/お1人様

ワインとモダンキュイジーヌを楽しむ特別コース
綺羅 -きら-

【2時間フリーフロー】(飲み放題)

ワインセレクト1例
泡:ArpaSolsaiSpumanteMetodoClasicco Brut
白:Domaine les Ruques Jean-Marc BoillotBlance
赤:Michel Lynch Bordeaux など・・・

  • ■前菜
  • ■バケット&チーズ
  • ■カルパッチョ
  • ■魚料理
  • ■肉料理
  • ■甘味・飲物

10,000円(税別)/2名様より

あわびとトリュフと極上和牛のハーモニー
- KI WA MI -

  • ■先付
  • ■前菜
  • ■椀物
  • ■お刺身
  • ■焼物
  • ■温物
  • ■留皿
  • ■食事
  • ■甘味・飲物

お料理、お飲物のお好みがございましたら、ご遠慮なくお申し付けください。
料理長、ソムリエがご希望に合わせてセレクトいたします。

【要予約】15,000円(税別)/2名様より

ご予約・お問い合わせ

3F特別室のご案内

特別室「瞬-とき-」

特別室「瞬-とき-」

大正ロマンを感じさせる、和風のシャンデリアとモダンな和のしつらえ、時代を感じさせるレトロな障子が印象的なお部屋。 広さは10畳、ゆったりとした個室です。

特別室「瞬-とき-」

特別室「奏-かなで-」

「瞬-とき-」と同じく10畳のひろびろとした和室。青々とした畳の心地良い香りに包まれて、和の空間ならではの憩いのひとときをお過ごしいただけます。

特別室「奏-かなで-」

1Fメインダイニングのご案内

メインダイニング1

千波湖を望み、竹林に囲まれた野趣あふれる造りのメインダイニング。鳥たちがたわむれる千波湖の風景を眺めながら、 とっておきの旬彩料理を堪能する、至福の時間をどうぞ。

メインダイニング2

1Fメインダイニングの詳細はこちら

ご予約・お問い合わせ

ページの一番上へ